本文へ移動

いま、あなたにできること

04避妊法について

避妊にはいくつかの方法があります。一般的にはピルの服用とコンドーム使用の2つです。

ピル

ピルは、女性が服用することで女性ホルモンを調整し、排卵をおさえる、子宮内膜を妊娠しにくい状態にすることなどで避妊します。婦人科の医師に処方してもらい、毎日一錠ずつ服用します。正しく使えば他の避妊法に比べて高い避妊効果があります。ピルは女性が自分自信でしっかり妊娠をコントロールし、主体的にできる避妊法です。
ピルの服用によって初期には吐き気や胸のはりなどの副作用がみられることがありますが、服用開始から3ヵ月以内に大部分がおさまります。服用中は血栓症、心筋梗塞、脳卒中になるリスクが少し高くなることが指摘されていますが、体調が悪くなったり、気になる症状が出た時は婦人科の医師に相談しましょう。最近は、過多月経の治療、生理痛の緩和、貧血の改善、ニキビの改善などでもピルが用いられるケースも増えてきています。

コンドーム

コンドームは男性が装着して、精液を膣の中に出さないことで避妊する方法です。正しく使用しないと他の避妊法に比べて避妊率は下がりますが、比較的簡単に購入でき、性感染症の予防にも効果があります。また、ピルとコンドームの併用によって、避妊と性感染症予防の両方の効果が得られて、より安全に性行為を行うことができます。

避妊についてはパートナーとよく話し合い、それぞれが協力しながら自分のカラダやライフスタイルに合った避妊法を見つけましょう。

このページの先頭へ
ひとりで悩まないで、とても大切な妊娠・出産のこと 相談窓口のご紹介 詳しくはこちら
ひとりで悩まないで、とても大切な妊娠・出産のこと 相談窓口のご紹介 詳しくはこちら