本文へ移動

ちゃんと知りたい 未病女子の基礎知識

おすすめ検診・健康チェック

歯科健診

01. 歯科健診の重要性

歯科健診

女性ホルモンは、ある特定の歯周病菌の増殖を促したり、歯周組織の炎症を悪化させたりする作用があるため、女性の口腔内環境にさまざまな影響を与えます。

普段の月経周期でもホルモンバランスは変化するため、月経(生理)前に歯肉が腫れたりする人もいます。
特に妊娠中は症状が出やすくなることに加え、つわりにより歯みがきが難しくなることなどから、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。
そして妊娠した時に進行した歯周病があると、子どもの早産・低体重児出産を引き起こす危険性が高まるという報告もあります。

女性の皆さんは男性より歯周病になる危険性が高いので、歯科健診が重要になります。
歯周病の初期症状は自分で気付きにくいです。

痛みなどがなくても妊娠・出産の前の今から定期的に歯科健診を受け、お口の中を清潔に保つことを意識していきましょう。

02. 歯科健診の内容

このページの先頭へ