本文へ移動

増えている?若い女性の未病

近年、女性に起こっている
社会環境の変化・ライフスタイルの変化
による影響があります。

若い頃から女性としての未病に十分気をつけましょう

20~35歳くらいは、一般的に女性ホルモンの分泌が安定し、女性としての健康問題が出にくい時期です。

しかし、近年、女性のライフスタイルの変化※1やストレスの多い生活環境※2の影響もあり、女性特有の“未病”が生じがちです。“更年期”になったら、女性としての健康に気をつけなければということも大事ですが、若い頃から女性特有の“未病”に十分気をつけることも重要になっています。

※1 初経年齢の低下、初産年齢の上昇、少産化により、女性が経験する月経回数が増えることに伴い、子宮関連の病気が若年化しています。<例:20代後半から子宮内膜症が増加など>
※2 女性ホルモンはストレスの影響を受けやすいため、女性特有の体調不全に影響します。

このページの先頭へ