本文へ移動

不妊のこと

05一般的な不妊治療と費用の目安

一般的な不妊治療と費用の目安画像

一般的な不妊治療は、次の3つです。

タイミング法
検査結果をもとに医師が排卵日を推測、医師から妊娠しやすい日について指導を受けながらその前後に性行為をすることをタイミング法と言います。保険が適用され、1回数千円程度です。タイミング法は不妊治療の一番はじめの段階です。
人工受精
子宮に精子を人工的に注入する方法です。排卵のタイミングに合わせて、元気な精子だけを送りこみます。保険適用外で1回1~2万円です。
よく体外受精と混同されますが、全く違う方法です。体外受精より妊娠率は下がりますが、カラダへの負担・経済的負担が軽いことから回数を重ねることができます。
体外受精
体外に卵子を取り出し、シャーレーの中で精子と受精させる方法です。受精卵が順調に分割して受精後2日目くらいの「初期胚」または5~6日後の「胚盤胞」の段階まで成長したら、カテーテルで子宮へ送り込みます。タイミング法や人工受精では妊娠できず、自力での受精が難しい場合が対象となります。保険が適用されず1回20~60万円です。国の特定不妊治療助成事業の公的補助を受けることができます。
このページの先頭へ
ひとりで悩まないで、とても大切な妊娠・出産のこと 相談窓口のご紹介 詳しくはこちら
ひとりで悩まないで、とても大切な妊娠・出産のこと 相談窓口のご紹介 詳しくはこちら